するるのおめぐ実

するるのおめぐ実は妊娠中でも副作用は大丈夫?葉酸は?

するるのおめぐ実は妊娠中でも飲んで問題ないのでしょうか。

 

結論から言えば、全く問題ないです。

 

妊娠中に避けるべき成分は

 

溶剤系

マニキュアに含まれるトルエン、漂白剤などに含まれるハイドロキノン、防腐剤に含まれるパラベンなどがあります。

 

これらは、妊娠中に限らず有害物質として扱われますので、当然避けるべきです。

 

妊娠中はなるべく取り扱わないようにしましょう。

 

ハーブ系

サプリメントなどに多く使われるのは、

 

ローズマリー、オレガノ、ベニバナ、ミントの一部、ローズなどが要注意だと言われています。
これらのハーブ類は、子宮を収縮させる作用があって、流産につながることがあるそうです。
一見やさしそうに見えるハーブも実は避けたほうが良いものも有るんですね。

 

脂溶性ビタミン類

ビタミンAは過剰に摂取するのは良くないと言われています。ビタミンAよりもビタミンAの元になるβカロチンをとった方が良いと言われています。

 

その他にも、ビタミンDなども水に溶けないタイプのビタミンで、過剰に摂取すると体の外に排出されにくくて蓄積していきます。

 

食品としてはレバーや肝などに多いので、妊娠中はたくさん食べないほうが良さそうです。
ビタミンAやビタミンDによって催奇性(胎児の奇形リスク)が高くなるという恐ろしい作用があるので、これは注意したいですね。

 

カフェイン

コーヒーなどに含まれるカフェインは、母体に必要はカルシウムや鉄分を阻害すると言われています。赤ちゃんに発達障害を引き起こす可能性も高まるということで、コーヒーを何杯も飲むのは止めたほうが良さそうです。

 

アピオール

セロリやパセリなどに含まれるこのアピオールは、中絶に使われることが有る成分だそうで、これを聞けば避けたほうが良いのは明らかですね。

 

するるのおめぐ実に含まれる成分に副作用は有る?

 

するるのおめぐ実には上記のような問題のある成分は含まれていません。

 

妊娠中でも安心してのめるサプリメントだと考えられます。

 

でも心配な人はお医者様に確認してみてください!

 

するるのおめぐみには葉酸は含まれる?

 

するるのおめぐ実に多く含まれる明日葉は、栄養価が高く青汁などにも多く使用されています。

 

妊娠中には不可欠と言われる葉酸は、明日葉にとても多く含まれていますので、ある程度葉酸を取ることも可能と思われます。

 

するるのおめぐ実と妊娠中のまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

するるのおめぐ実は妊娠中でも問題ないといえると思います!